キャッシングを申し込むときに必要な書類はあるのか

キャッシングが必要となる時というのは、ほとんどが今スグという状況の時だと思います。

どうしても必要だという場合、即日融資可能なキャッシングは本当に助かりますよね。

しかし、いくら即日融資可能であっても書類が不備だったりしたら受付に間に合わず、キャッシングは翌日以降に繰り越されてしまう可能性もあります。

そうならない為にも、予めどんな書類が必要なのかをチェックしておきませんか。

万が一に備えるのも大切なことです。

キャッシングを申し込む際、必ず必要になるのは身分証明書と印鑑です。

これはキャッシングの金額に関わらず、必要になります。

身分証明書は免許証、住民票、健康保険証のいずれかがあれば大丈夫ですが、他にもパスポートも可となっています。

印鑑に関してはスタンプタイプは不可で、三文判や認印が求められます。

そしてキャッシングの額が50万円以上の場合は、収入証明書が必要となります。

所得証明書、源泉徴収票、給与明細書、確定申告書が対象で、いずれかがあれば受け付けは可能となります。

万が一の事を考え、2種類以上の収入証明書を持っていくとより確実でしょう。

身分証明書、印鑑、そして所得証明書の3つがあれば即日融資は可能なはずです。

しかし、必要なものが揃っているからといって必ずしも希望額が借り入れできる訳ではないので誤解しないようにしてください。

キャッシングをする前に行われる審査をクリアしなければいけません。

また、クリアしても希望額がキャッシング出来ない場合もあるのでその辺も頭の片隅に入れておいてください。

審査に通りやすくする為に、公共料金やクレジットカードの未納や延滞分はないか、他社での融資や借り入れ状況の確認をするのも1つの方法です。

あとは申し込みの際、嘘の無いよう正しく記載することが大切になります。

以上がキャッシングを申し込む時に必要な書類、そして審査に通りやすくなるポイントです。

消費者金融にとってはお金を貸す身なので、当然審査も厳しくなります。

クリアする為には何をしたら良いのか、まずはそこから考えてみてはいかがですか?

ページのトップへ戻る