キャッシングで良く見かける信用情報機関とは何か

キャッシングを取り扱っている消費者金融は雑誌や広告、CMなどでよく宣伝しています。

その為、実際に利用したことは無いけれど名前だけなら知っている、という方も多いはずです。

また、無人ATM機も街の至る所にあるので知名度は相当高いのではないでしょうか。

キャッシングをする際、必ず審査を受けなければいけません。

審査に通れば無事に借り入れすることが出来るのですが、皆さんは審査がどのように行われているのか知っているでしょうか。

実は自己申告した内容に誤りがないか、個人情報を基に調べられているのです。

個人情報保護法がある今、そんな事が出来るわけないと思う人もいるかもしれませんが、信用情報機関に登録していればそのような事も可能となります。

そもそも信用情報機関とは何なのでしょう。

簡単に言えば消費者の契約内容や返済状況などの情報を収集している機関のことです。

そして集められた情報は、加盟している企業から情報照会の依頼がくる度に提供されています。

私たちの知らないところで個人情報が流れている、というと不安になるかもしれませんが、あくまでも消費者金融が融資しても大丈夫かを調べる為だけの材料です。

個人情報が他の事で使われたり、漏れたりするような事はまず無いでしょう。

ちなみに日本に存在している信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機関です。

これらは個人に関する情報を集めていますが、一方、事業者に関する情報を集めている信用情報機関には株式会社ジェイビックがあります。

キャッシング希望の相手が個人か事業かによって、信用情報機関は使い分けられています。

ここで1つ疑問に感じることがあるのではないでしょうか。

それは自分の情報がどのように登録されているのか、という点です。

自分の知らないところで個人情報が提供されている、と考えると気になるのも当然の話だと思います。

どうしても気になる方は、各信用情報機関で自分の信用情報を確認することが出来るので1度、見てみるのも良いでしょう。

詳細についてはホームページなどからチェックすることが出来ます。

ページのトップへ戻る