キャッシング申し込みの流れについて

いざ、キャッシングをしようとしても、何から始めれば良いのか分からないと不安だと思います。

ましてや初めての上に、キャッシングに対して少しでも抵抗感があると尚更のことでしょう。

実際に利用する前に申し込みの流れについて知っておくと不安も解消され、気持ちの良い取引ができるようになるはずです。

また、流れを理解することで必要な書類や気を付けなければいけないことも自然と見えてきます。

ではまず始めに、キャッシング申し込みの種類について説明したいと思います。

ネットが普及している現代では、キャッシング申し込みの手続きもネットから行うのが主流となっています。

有名なネットキャッシングと言えば、ジャパンネット銀行ですね。

ジャパンネット銀行のネットキャッシングでお金を借りる方法についてはこちらのサイトが参考になります。

ジャパンネット銀行をはじめとするネットキャッシングは、24時間環境が整っている場所ならどこからでも出来るので、利用しやすいというメリットがあります。

他にも直接窓口に行く方法や電話、郵送などいろいろな申し込み方法があるので、自分にとってやりやすいものを選ぶと良いでしょう。

申し込みの流れについてはこうです。

始めに自分の現状を消費者金融側に申告しなければいけません。

その際に基本的には、氏名をはじめ生年月日や住所、電話番号、居住形態、家族構成、勤務先情報、勤務歴、年収、他者借入状況などが対象となります。

消費者金融によっては他にもいろいろなことを聞かれる場合もあります。

ネットで申し込みをした場合は、だいたい15分ほどで終了する内容です。

申し込み後、次は消費者金融が送られた自己申告書を基に、個人信用情報機関で内容を照会してもらい審査を行います。

審査が通れば在宅確認と在籍確認が取られ、それも通れば本人確認が出来る書類を送り完了となります。

本人確認書類はネットで送信することが出来れば、申し込みをして30分ほどでキャッシングが可能となります。

とにかく早く借りたい、お金が必要という際にはとても便利なシステムです。

ちなみに50万円以上の借り入れの際は、給与明細書や源泉徴収などの収入証明書が必要となります。

そのことも頭に入れておくと良いでしょう。

ページのトップへ戻る