キャッシングの利用限度額はどのように決まるのか

現金を借りることの出来るサービス、キャッシングの利用限度額はそれぞれ人により異なります。

10万円の方もいれば100万円と高額な方もいるのです。

この利用限度額は、借入先である消費者金融が決めるのですが何を基準にしているのか知っていますか?

これからキャッシングを利用しようかと考えている方はもちろん、既に利用している方やまだ予定がない方も、もしもの時の為に知っておくべきでしょう。

まずキャッシングを利用する際、職業や年収、住居、家族構成を調べられます。

始めは自己申告ですが、最終的に合っているかどうか調べられるので、嘘の記述をしてもすぐにバレるのが落ちです。

もし嘘の記述が発見された場合、信用を無くし借り入れ自体、断られてしまう可能性も否定できないので、正しく書くようにしましょう。

キャッシングでポイントとなるのは、職業と年収です。

消費者金融にとってはお金を貸すのですから、きちんと返してもらわなければいけません。

そのことを考えると妥当な限度額を設定したいので、生活に支障の出ない金額を算出します。

年収がどのくらいあるのか、勤続年数や雇用形態など個人的なことを始め、会社の業績なども調べられます。

収入証明書の提示を求められる場合もありますが、他にも本当にその会社で働いているのかを調べる為、消費者金融とはバレないようカモフラージュしながら電話を掛けて確認することもあります。

それほど調査には徹底しているということです。

住居に関しては家持ちの方が有利で、アパートなど賃貸物件に住んでいる人は低く設定される傾向があります。

家族構成でも独身よりも家族持ちの方のほうが有利のようです。

キャッシングの利用限度額が決まるもう1つのポイントは、その人を信用できるかどうか、という点も例外ではありません。

例えば長年、借り入れをしても延滞する事が1度もない方はキャッシングしてもきちんと返してくれるだろう、という印象があるので少し上乗せで借りれる可能性があります。

今、自分がどのくらい借り入れるのかを簡単に算出できるネットサービスも充実しているので、まずはアコムで借りれる人のお手本サイトを参考にカードローンの限度額をチェックしてみてください。

ページのトップへ戻る