キャッシングカードとクレジットカードの違いとは?

キャッシングカードとクレジットカードの違いとは何なのか、いざ説明を求められた時、皆さんなら自信を持って答えられますか?

大体、似たようなものと解釈していると間違った使い方をする恐れもあります。

この機会に違いを明確にしてみてはいかがでしょう。

まずキャッシングカードから説明したいと思います。

そもそもキャッシングとは、日本語に直すと「現金に換える」「小口融資を受ける」という意味になります。

簡単に言えば現金を借りるということです。

ちなみに借入先は、消費者金融や信販会社、クレジット会社などが対象となります。

キャッシングカードと似たようなものにカードローンという商品がありますが、カードローンのほうが借り入れ限度額は高く金利が安く設定されています。

一方のキャッシングカードは限度額が低く、金利もやや高く設定されているものの、スピーディー審査なので「少しの金額を早く借りたい」というにはおススメです。

次にクレジットカードについて説明します。

クレジットとは日本語で「信用」という意味を持ちます。

つまり、信用によって商品またはサービスを購入するためのカードということです。

現代はクレジット社会とも呼ばれるほど多くの人が所有しているので、利用可能なお店がたくさんあります。

支払いをする際、クレジットカードがあれば現金なしで買い物が出来るのでお財布もかさばらずに済む、というのもメリットの1つです。

そして忘れてはいけないのが特典です。

買い物をすればするほどポイントが貯まり、貯まったポイントは好きな商品などに交換することが出来ます。

他にも旅行傷害保険が付いていたり、利用額に応じてマイルが貯まったりするので計画的に使用すれば、とてもメリットのあるカードなのです。

2つのカードの違いをまとめると、キャッシングカードは現金を借りる為のカードでクレジットカードは支払いを立て替えてくれるカードです。

近年では、この2つの機能が一体化となったカードが信販会社(クレジット会社)から発行されています。

今は一体化となったカードのほうが主流となっています。

ページのトップへ戻る