キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローン、この2つの違いを理解している人はどのくらいいるでしょう。

頭では分かっているつもりでも、いざ説明しようとすると自信がない方も多いはずです。

しかし、それも仕方がないことです。

キャッシングとカードローンの仕組みは非常に似ているので、区別するのは難しく、中には間違って理解してしまっている人もいるかと思います。

今は関係なくとも今後、何かのきっかけで借り入れをする機会が出てくるかもしれないので知識を身に付けておくようにしましょう。

2つの違いをハッキリ理解することが出来れば、状況に応じて使い分けることもできます。

まずキャッシングについてですが、簡単に言えば現金を引き出す行為のことです。

クレジットカードやキャッシングカードにはキャッシング機能が付随していて、ATMやキャッシュディスペンサーで利用することが出来ます。

さらに近年ではインターネットや携帯電話からでも借り入れすることは出来るので、家に居ながらでも利用可能となります。

また、キャッシングと言えばもともとは一括返済が基本でしたが、リボ払いや分割払い導入されてからはあまり選ばれなくなりました。

一方のカードローンは、一定の限度額の範囲内であれば自由に借り入れすることが出来る融資のことを言います。

ちなみに住宅ローンやマイカーローンなどは、借り入れする目的に合わせて選ぶ商品になりますが、カードローンに関しては目的が明確でない方が選ぶ商品になります。

その為、他のローンに比べると金利は高いですがキャッシングに比べれば低く抑えることが出来ます。

2つの特徴を抑えるとキャッシングは、すぐに借りたい、借入金額が低い、短期間で返済できる方におススメです。

そしてカードローンは、大口の借り入れで返済期間が長引く方に打ってつけとなります。

もし、利用する場合、どちらが自分により合っているのかを見極めることが重要となりそうです。

ページのトップへ戻る