キャッシングとはどのようなものか

皆さんはキャッシングについて、どこまで知っているでしょうか。

そもそも、良く分からないでいる方も少なくないと思います。

学生の人にとっては遠い存在かもしれませんが、社会人とってはお付き合いなど急な出費が必要になる事が増えてきます。

そのような時、キャッシングは頼りがいのある存在となります。

もしもの時に備え、この機会に覚えておいたほうが良いでしょう。

キャッシングは日本語に直訳すると「現金に換える」、「小口融資を受ける」という意味になります。

つまり現金を借りるということです。

では、どこから借りることが出来るのでしょう。

一般的には消費者金融、信販会社、クレジット会社が対象となります。

現金を借りる際、クレジットカードまたはキャッシングカードに付随しているキャッシング機能を利用すればATMやキャッシュディスペンサーから引き落とすことができます。

近年では、更に利便性が高まりオンラインキャッシング、インターネットキャッシング、ウェブキャッシングといったインターネットや携帯電話を利用して活用する方法も一般化となりつつあります。

本来キャッシングの特徴は、使用目的が無制限である事、そして翌月には一括で返済しなければいけない事でした。

しかし借り入れ先によっては、リボ払いや分割払いを選ぶことが出来るので必ずしも一括で返済しなければいけない、というわけではなくなったのです。

では、キャッシングとカードローンは同じなの?と思う方もいるでしょう。

確かに利便性が高まるにつれ、大きな違いというものは無くなりました。

キャッシングとカードローンを間違えることもあるかと思います。

あえて違いとはいえば、カードローンのほうが幾らか金利が低いことです。

ただし、キャッシングのほうが審査が簡単でスピーディーという魅力もあるので、借入金額がさほど多くなく短期間で返済できるのであればキャッシングのほうがおススメです。

特徴を抑えることでキャッシングとカードローンのどちらがメリットなのか、その時に応じて使い分けることが出来るようになるでしょう。

ページのトップへ戻る